アルニカエキスの作用と副作用

MENU

アルニカエキスの作用と副作用

チャップアップは、各種ランキングサイトで上位を独占している育毛剤で、医薬部外品に該当します。つまり、単純な化粧品とは異なり、一定の医学的作用を厚労省から認められているという事になります。着色料、香料、石油系界面活性剤、シリコンなどがフリーなので副作用の危険がなく、非常に安全で秀でた製品です。

そして、チャップアップには、抜け毛防止、頭皮の状態の良化、発毛促進など色々な作用を望める有用成分が豊富に含まれています。アルニカの花びらから採ったアルニカエキスもその一種で、炎症の防止・改善や皮脂を抑える効果があります。

このアルニカエキスは、とりわけ男性の薄毛に有効です。なぜかと言うと男性の薄毛の大半はDHTという物質が要因の症状で、頭皮の皮脂が過剰発生する事により悪化するからです。この皮脂が毛根を閉じさせ、頭髪の育成を激しく邪魔して、頭皮にかなりの痒みと炎症を生じさせることが珍しくありません。

アルニカエキスには、以上のような頭皮の状態を正常化させる効果があるので、薄毛の悪化防止に効果的です。ちなみに、チャップアップには、アルニカエキスの他に10種以上の植物由来の自然成分を含有されています。これらの保護機能やターンオーバーを整える効果により、髪の毛の健全な育成を補助します。またアルニカエキスなどの自然原料は、漢方としても重宝されているものが多く、不安なく利用できます。

関連ページ

センブリエキスの作用と副作用
センブリエキスには、毛根内部の毛母細胞の細胞分裂を活性化させる働きがあります。加えて頭皮の血管を拡張する作用もあり、髪の毛の健全な成長を助けてくれます。
グリチルリチン酸ジカリウムの持つ作用と副作用
グリチルリチン酸ジカリウムはグリチルリチンの誘導体です。抗アレルギー効果や抗炎症効果を持ち、髪の毛の健全な育成を補助してくれます。
塩酸ジフェンヒドラミンの作用と副作用
塩酸ジフェンヒドラミンは髪の毛の成長を補助する成分です。風邪薬やかゆみ止めにもよく含まれており、副作用のリスクがありません。
ウメ果実エキスの作用、副作用
ウメ果実エキスには、血液の状態を良くして血行を促進する働きがあります。頭皮の状態の改善と丈夫な毛髪の育成に繋がるはずです。
オウゴンエキスの作用と副作用
オウゴンエキスにはDHTの還元酵素の動きを阻害する働きがあり、男性の薄毛に特に有効です。もちろん、女性の薄毛にも有効で幅広い成分と言えます。
オドリコソウエキス作用は?副作用は?
オドリコソウエキスには様々な育毛効果があり、特に脂漏性脱毛症に特に有効です。昔から入浴剤などとしても使われており、副作用のリスクはほとんどゼロです。
オランダカラシエキスに望める作用と副作用
オランダカラシエキスはクレソンの抽出液で、安全性が高いです。発毛を直に促す事はありませんが、髪の毛が生える土台を安全に作り上げてくれます。