カモミラエキスの作用と副作用

MENU

カモミラエキスの作用と副作用

カモミラエキスの別名はカモミールエキスです。キク科の植物の1つであるカモミールから採ったエキスです。アロマテラピーの世界で活躍していますが、育毛剤のチャップアップにも入っており、色々な効果を発揮します。

アロマテラピーの世界ではカモミラエキスを含んだアロマオイルが使用されており、化粧品や整髪料などにもよく使われています。カモミラエキスは、フラボノイド、タンニン、アミノ酸などを含有しており、これらの成分には、活性酸素のブロック効果、抗炎症効果、保湿効果などを望めます。

チャップアップが含有するカモミラエキスにも、頭皮と毛髪のための保湿作用や、炎症を解消するための抗炎症作用があり、これによって抜け毛や薄毛を高効率で解決できる事が分かっています。

さらに、カモミールをオイルにする事で、アロマリラクゼーションとしての役割も果たし、緊張の緩和効果が望めます。カモミラエキスによりリラックスできるはずです。

カモミラエキスは植物成分の中でも歴史の深い成分であり、今でもカモミラエキスを含んだ育毛剤やコスメ用品が多く開発されています。ちなみに、カモミラエキスは自然成分ですから副作用のリスクはほぼありません。

チャップアップは自然由来の毛髪と頭皮をケアできる成分を独自に含有しており、毛髪の事で苦しんでいる方にぜひ使ってみてほしい育毛剤だと言えます。

関連ページ

センブリエキスの作用と副作用
センブリエキスには、毛根内部の毛母細胞の細胞分裂を活性化させる働きがあります。加えて頭皮の血管を拡張する作用もあり、髪の毛の健全な成長を助けてくれます。
グリチルリチン酸ジカリウムの持つ作用と副作用
グリチルリチン酸ジカリウムはグリチルリチンの誘導体です。抗アレルギー効果や抗炎症効果を持ち、髪の毛の健全な育成を補助してくれます。
塩酸ジフェンヒドラミンの作用と副作用
塩酸ジフェンヒドラミンは髪の毛の成長を補助する成分です。風邪薬やかゆみ止めにもよく含まれており、副作用のリスクがありません。
アルニカエキスの作用と副作用
アルニカエキスには皮脂の発生を抑えたり、炎症を防ぐ効果があり、髪の毛の成長をサポートしてくれます。自然由来成分なので危険性もありません。
ウメ果実エキスの作用、副作用
ウメ果実エキスには、血液の状態を良くして血行を促進する働きがあります。頭皮の状態の改善と丈夫な毛髪の育成に繋がるはずです。
オウゴンエキスの作用と副作用
オウゴンエキスにはDHTの還元酵素の動きを阻害する働きがあり、男性の薄毛に特に有効です。もちろん、女性の薄毛にも有効で幅広い成分と言えます。
オドリコソウエキス作用は?副作用は?
オドリコソウエキスには様々な育毛効果があり、特に脂漏性脱毛症に特に有効です。昔から入浴剤などとしても使われており、副作用のリスクはほとんどゼロです。
オランダカラシエキスに望める作用と副作用
オランダカラシエキスはクレソンの抽出液で、安全性が高いです。発毛を直に促す事はありませんが、髪の毛が生える土台を安全に作り上げてくれます。
海藻エキスの持つ作用と副作用
海藻エキスには優れた保湿パワーと毛根を生き生きさせるパワーがあります。食べてもほぼ引き出せない海藻の発毛力を、エキスという形にして引き出しています。