グリチルリチン酸ジカリウムの持つ作用と副作用

MENU

グリチルリチン酸ジカリウムの持つ作用と副作用

有名な育毛剤のチャップアップには、グリチルリチン酸ジカリウムが入っています。どのような作用があるのか把握したい方も多いでしょう。
グリチルリチン酸ジカリウムという成分は、マメ科の甘草から取り出した成分の「グリチルリチン」の誘導体です。

甘草には砂糖の150倍前後の強烈な甘みがありますが、この甘みの主要成分がグリチルリチンです。
そのグリチルリチンを水に溶解させやすくしたのが、グリチルリチン誘導体で、抗アレルギー効果や抗炎症効果を持つため、コスメ用品や医薬品の分野でも重宝されています。

抜け毛の要因の一つに頭皮に関する炎症がありますが、これの発生原因は皮脂の余剰発生による皮脂詰まりや、シャンプーなどによるアレルギー反応です。

グリチルリチン酸ジカリウムを配合したチャップアップを直に頭皮に塗れば、抗アレルギー効果や抗炎症効果により、頭皮の炎症を防止し、健全で丈夫な髪を育成するいわば「ベースとなる頭皮」を作り上げてくれます。

加えてグリチルリチン酸ジカリウムには、強い殺菌効果もあるので、頭皮の菌が殖える事も防止し、かゆみやフケを良化できるので、チャップアップを継続利用すれば、次第に頭皮環境が正常化し、抜け毛が減少し、毛髪が豊かになっていくはずです。

グリチルリチン酸ジカリウムに関する副作用としては、偽アルドステロン症が挙げられますが、大量に摂取しない限りリスクはないので、用法用量を守って、グリチルリチン酸ジカリウムを含有する育毛剤を使用すれば確実に大丈夫です。

関連ページ

センブリエキスの作用と副作用
センブリエキスには、毛根内部の毛母細胞の細胞分裂を活性化させる働きがあります。加えて頭皮の血管を拡張する作用もあり、髪の毛の健全な成長を助けてくれます。
塩酸ジフェンヒドラミンの作用と副作用
塩酸ジフェンヒドラミンは髪の毛の成長を補助する成分です。風邪薬やかゆみ止めにもよく含まれており、副作用のリスクがありません。
アルニカエキスの作用と副作用
アルニカエキスには皮脂の発生を抑えたり、炎症を防ぐ効果があり、髪の毛の成長をサポートしてくれます。自然由来成分なので危険性もありません。
ウメ果実エキスの作用、副作用
ウメ果実エキスには、血液の状態を良くして血行を促進する働きがあります。頭皮の状態の改善と丈夫な毛髪の育成に繋がるはずです。
オウゴンエキスの作用と副作用
オウゴンエキスにはDHTの還元酵素の動きを阻害する働きがあり、男性の薄毛に特に有効です。もちろん、女性の薄毛にも有効で幅広い成分と言えます。
オドリコソウエキス作用は?副作用は?
オドリコソウエキスには様々な育毛効果があり、特に脂漏性脱毛症に特に有効です。昔から入浴剤などとしても使われており、副作用のリスクはほとんどゼロです。
オランダカラシエキスに望める作用と副作用
オランダカラシエキスはクレソンの抽出液で、安全性が高いです。発毛を直に促す事はありませんが、髪の毛が生える土台を安全に作り上げてくれます。