リバイボゲンの効果について

MENU

リバイボゲンの効果について

リバイボゲンは、アメリカの会社が作った育毛剤であり、「ジヒドロテストステロン」の生成を抑える効果があると、科学的に証明されています。
ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンである「テストステロン」と「5α‐リダクターゼ」という物質がくっ付くことで作られますが、これが細胞の受容体にくっ付くと、抜け毛が起こりやすくなるとされています。
つまり、脱毛の原因と言えるわけですが、リバイボゲンにはジヒドロテストステロンを作るために必要な「5α‐還元酵素」の働きを抑える成分が含まれているため、抜け毛予防薬として使われるようになりました。
主な目的は、ジヒドロテストステロンの生成を抑えることなので、これが大きく関わっていると考えられているAGA(男性型脱毛症)に効果が期待できますが、毛嚢(毛が生えている袋状の穴)が委縮してしまっている状態だと、残念ながら効き目はありません。
また、女性にも効くことがあります。
女性は、男性よりも女性ホルモンの働きが活発なため、抜け毛が起こりにくいのですが、加齢によって女性ホルモンが少なくなるとジヒドロテストステロンの影響を受けるようになるので、リバイボゲンが有効だと考えられます。