必須アミノ酸リジンの知られざる効果とは

MENU

必須アミノ酸リジンの知られざる効果とは

リジンは人体に不可欠な必須アミノ酸で、タンパク質を構成している成分です。牛乳から発見されたリジンは、チーズや大豆、肉や魚介類などの食材に含まれています。リジンが不足してしまうと、体が疲れやすくなったり、集中力の低下やめまい、貧血などの症状が起きる場合があり、リジンを摂取することでこれらの症状を抑える効果が期待できます。
最近では育毛成分としての利用が注目されていて、同時に配合されている育毛成分の効果を高めて、健康な髪を生産するためのケラチンを構成するなどの重要な役割を果たします。
リジンには活動のエネルギーとなるブドウ糖の代謝を活性させる働きがあり、運動での体の疲れ、勉強や仕事などでの脳の疲労の回復に役立ちます。また、カルシウムの吸収を良くしたり、肝臓の機能を高める作用もあります。肝臓の活動が弱まると、アルコールや糖分などの分解が遅れてしまい、さまざまな症状を引き起こすことがあります。肝臓を回復させることで症状の予防となり、消化酵素の働きが活発になるため、血中の飽和脂肪酸やコレステロールが抑えられ、ドロドロ血液を改善していきます。代謝が良くなると脂肪が燃焼しやすい体づくりができるため、ダイエットにも効果的な成分といわれています。