錠剤タイプの育毛剤「ロニテン」の効果とは

MENU

錠剤タイプの育毛剤「ロニテン」の効果とは

ロニテンは錠剤タイプの育毛剤で、アメリカではAGA(男性型脱毛症)の治療薬として認可されている医薬品となっています。しかし、日本ではこの医薬品を規制当局がAGAの治療薬として認可していないため、手に入れるには通販サイトなどを通じて個人輸入しなければなりません。
ロニテンの主成分はミノキシジルと呼ばれる物質で、体内に取り込むと血管を拡張して血流を改善する効果があります。血流が改善すると血液内に含まれている栄養素の移動が活発になり、毛根部に行き渡る毛髪の生成に必要な栄養素も多くなります。これによって毛根部の組織はより多くの栄養素を吸収できるようになり、発毛が促されます。薄毛が進行すると、生成される毛髪は張りのない細いものになってしまいますが、ミノキシジルの働きによって、生成される毛髪の髪質を太くて張りのあるものにすることができます。
ロニテンの主成分であるミノキシジルは、育毛剤として利用され始める前は専ら血管拡張剤として利用されていました。そのため、ロニテンは現在でも高血圧の患者に対して血圧を下げる目的で投与されることがあります。ただし、少量でも強く作用する物質であるため、自分で服用する場合は用法・用量を守って服用しなければ、極端な血圧の低下を招き、これに伴って頭痛やめまい、動悸、吐き気などの症状が起こることがあるので注意が必要です。